Tap to close

【あまり知られてないペットボトルの水の選び方】

【あまり知られてないペットボトルの水の選び方】

アクセス ネット・LINE予約

         
桝田整体SALON桝田整体SALON

【あまり知られてないペットボトルの水の選び方】

ペットボトル水の選び方

 

こんにちは!

京都市中京区の

桝田整体サロン & 京都メタトロンの桝田です。

 

今回はペットボトル水について

 

皆さんはご自宅で

どのように水を飲んでいらっしゃるでしょうか?

 

僕が小さい頃は水道水を直接飲むのが普通だった

「水道水」の画像検索結果

今の時代は浄水器か、

ペットボトルのお水を飲むのが普通になってると思います。

水の原価

ところで皆さん

ペットボトルの水の原価について考えたことはありますか?

容量が500mlのものであれば

だいたい約120円前後かと思います。

原価を計算してみると

容器15円、キャップ3円、ラベルに2円

ですので約20円のコストがかかっています。

水は設備など初期投資を考えなければ0円ですので実質無料です。

大事なお金を払って手に入れる水。

しっかり良いものを選びたいですね。

ミネラルウォーターと天然水

この日本では

「ミネラルウォーター」って

「天然水」とは限らないことをご存知でしょうか?

この2つは同じものだと思っている方も多いですが

実は日本ではミネラルがほとんど入ってなくても

ミネラルウォーターを名乗っても良いと言われています

元が水道水なのに

ミネラルウォーターぶってるものもあったりします。

今回はその辺りの違いを見ていき

本当にお金を払う価値のある

良い水の見つけ方

を知っていただこうと思います。

「良い水の選び方」の画像検索結果

1つ目の選び方

結論から言うと裏のラベルに

ナチュラルミネラルウォーター

と書いてあるものがオススメです。

日本のミネラルウォーターは

下図のように4種類に分類されるのですが

こんな感じです。

健康や美容に良い水

・ミネラルを含むこと

・天然に近い状態であること

が大事ですので、

一番簡単に見分けがつくのは

ナチュラルミネラルウォーターを選ぶことになります。

「硬水」「軟水」による違い

があります。

こちらもざっくり言うと

硬水と軟水を分けているのは

ミネラルの量

なのですが。

硬水:ミネラル多い

軟水:ミネラル少ない

実は

日本の水はほとんど軟水

です。

それは下図のように

地形に関係しているのですが

山の斜面が急で、水がすぐに流れて

ミネラルを吸収するヒマのない

日本の天然水はミネラルが少ない

斜面がなだらかで、かつミネラルが元々豊富な土壌でもある

ヨーロッパの水はミネラルが多く硬水である事が多いです。

ですので、以前は

「日本人には昔から飲んでいる軟水が合う」

とされてきたのですが。

近年は食事の変化で

ミネラル不足が起こっているので

今は

自分が美味しいと思う水を飲むのが良い

と言われています。

豆知識

日本茶は軟水で作る方が美味しい。

「緑茶」の画像検索結果

ヨーロッパの文化である紅茶は硬水で作る方が美味しい。

「紅茶」の画像検索結果

と言われていてそれぞれ本来の味が出ると言われています。

コンビニやスーパーで手に入る水

人気の天然水を硬度順に並べてみたので

参考にしてみてください。

いかがでしたでしょうか?

水の選び方は

本当にたくさんありますが今回はペットボトルの水について書きました。

水のエネルギー的なことはまた話が変わってくるので

そこはご了承ください。

まとめ

まずは

「ナチュラルミネラルウォーター」

を選ぶこと。

そして

「硬水」「軟水」

をお好みで選ぶこと。

この2点に気を使ってみてください😊

 

当院で

骨盤矯正、姿勢矯正、小顔矯正、整体、メタトロンを

受けてくださったお客様には普段から水分を取ってくださいなど

細かい生活習慣についての指導もしております。

 

水分の量については前回の記事より

 

なお。もし

「ペットボトルの水は防腐剤が入っているから危険」

というお話を聞かれたことのある方は実際は違うので興味のある方は質問してくださいね。

ご予約・お問い合わせ|完全予約制

  • ネット予約
  • LINE特典

営業時間