Tap to close

⭐️タンパク質の重要性⭐️

⭐️タンパク質の重要性⭐️

アクセス ネット・LINE予約

         
桝田整体SALON桝田整体SALON

⭐️タンパク質の重要性⭐️

こんにちは!

 

京都中京区桝田整体サロンの桝田です!

 

最近はブログが好評なので頑張って記事を作っています

 

今回は6大栄養素の中のタンパク質についてです!

 

前回の記事はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

①今の環境の野菜では全く栄養が足りない!!

②なぜ現代人にサプリが必要なのか?

③脂質の重要性

 

なぜ、たん白質 ? 

さまざまな栄養素がなぜ必要なのか

どのように人体で働いているのか 

1つひとつ、くわしく見ていきましょう。

まず最初は「 」です  

誰もが知っているようで 実は本当の姿はよく知られていない
たん白質 」の役割と働きについて説明します。 

 

「プロテイン」は、筋肉を増強させるもの、ダイエットに使うだけのものだと思っていませんか? 

 

「プロテイン」とは「たん白質」のこと

 筋肉、内臓、皮膚など体のさまざまな組織を構成しており、

すべての人にとって欠かせない栄養素です

 

たん白質は、 健康と美容に大切な成分 1

 

たん白質が足りないと、 健康と美容にダメージをもたらす一因となります。 

 

たん白質を正しく補うためにの3つの重要なポイント

1つ目のポイント

「十分な量」のたん白質をしっかり補うことです

 

しかし、現代人の偏った食生活では、 「十分な量」どころか、不足しがちです。 

2 つ目のポイント

たん白質を構成する 20 種類のアミノ酸のバランスです。

人体に必要な20 種類のアミノ酸

たん白質は「、アミノ酸」という小さな単位でできています。

人体を 構成するたん白質は 20 種類のアミノ酸からできており、

このうち一つでも欠けると十分にタンパク質は合成されません。

 

食事からたん白質を摂ると、体内で20種類の 

アミノ酸に分解され、筋肉や皮膚などを 構成するたん白質に再合成されます。 

 

20種類のうち、9種類は体内で作れないので、 

食事からバランス良く十分に補う必要が あります 

 

9 種類のアミノ酸バランスが良いと、 

たん白質を十分に合成することが できます 

 アミノ酸バランスが良い場合の桶

必須アミノ酸のバランスを桶に例えてみましょう。

板の一枚一枚が 必須アミノ酸を表し、板の長さはアミノ酸のレベルを表しています。 

この桶の場合、すべての板の長さが同じなので、桶に水を十分満たす ことができます。

つまり、この状態は必須アミノ酸バランスが良く、 たん白質が十分合成されることを示しています。  

 

9 種類のアミノ酸バランスが悪いと、

最も少ないアミノ酸のレベルでしか たん白質を合成することができません

アミノ酸バランスが悪い場合の桶

必須アミノ酸のバランスが悪い場合を桶に例えてみましょう。 

この桶では、すべての板の長さがバラバラのため、一番短い板まで しか水を溜められません。

つまり、この状態は必須アミノ酸のバランス が悪く、最も少ないアミノ酸(リジン)のレベルでしかたん白質が合成されないことを示しています。 

 

食品中の必須アミノ酸バランスは「アミノ酸スコア」 によって示されます。

スコアが100に近いほど、 アミノ酸バランスが良い食品です。 

 

肉や大豆などは、アミノ酸スコアが 最高の 100 です。 

アミノ酸スコアが高い食品の中でも、 

より消化吸収効率の良いもの 選んで摂ることが大切です。 

消化吸収効率の良いたん白質を含む食品

たん白質を有効利用するには、消化吸収効率の良い食品を選ぶことが大切です。

その際に目安となるのが「PDCAAS(たん白質消化吸収率補正アミノ酸スコア)」で、最高値は1.0 です。

アミノ酸スコアも、PDCAAS も高い食品を選んで効率的 にたん白質を補給しましょう。 

3つ目のポイント

「動物性の食品」、 「植物性の食品」の両方からバランス良くたん白質を摂ることです 

たん白質のバランス 

たん白質には、「動物性たん白質」と「植物性たん白質」の2種類があります  

白質を補う際には、このバランスに気を配ることも大切です。たん白源となる 

食品に含まれる、脂質やビタミン・ミネラルなど他の栄養素の摂取も考えると、 

2種類の望ましい摂取バランスは「動物性:植物性」=1:1」であると言われています。 

肉や卵は良質なたん白源ですが、 

脂質やコレステロール 

にも気をつけなくてはなりません。 

動物性たん白質と脂質・コレステロール 

動物性の食品はアミノ酸バランスに優れた良質なたん白源ですが、 脂質やコレステロールも多く含むというデメリットもあります。 

動物性の食品に偏ってたん白質を摂取し続けていると、生活習慣病 などのリスクも高まるため注意が必要です。 

しかし、現代人は動物性たん白質に 偏りぎみです。植物性たん白質を 

より意識的に摂りましょう 

減少する植物性たん白質の摂取量 

日本人は、かつては動物性たん白質よりも植物性たん白質を多く摂っていました。

しかし、次第に植物性たん白質の摂取量は減少し、1980年に動物性たん白質の摂取量が上回りました。

現在の 日本人の食生活は、動物性たん白質に偏りがちになっています。 

プロテインの種類

こんな方にオススメ

当院がオススメするプロテイン

 

当院が扱っている安心、安全の体に吸収しやすいサプリ

安心の理由【6Sプロセス】

【卸価格】で商品の購入が可能です^ ^

サプリを購入したい方はこちらのLINEを追加してください!

こちらのLINE登録後に「サプリ」とご連絡ください!!

 

ここをクリック

開けない方はこちらから

@lfb1803 ←@忘れずに

 

オススメ製品はこちら

・ライフパックナノ(マルチビタミン、ミネラル、オメガ3系脂質)

現代人に足りていないマルチビタミン、ミネラル、DHAEPAなどのオメガ3系脂質が全て入った体のベースサプリ

・グリーンプラス(食物繊維)

・ジースリー(慢性的に疲れている方へ)

・ジェンロックプロテインシェイク(タンパク質)

・マリンオメガ(オメガ3系脂質)

 

公式LINEはこちらから^ ^

24時間予約可能

・限定クーポン

・巷には流れない健康情報

を配信しますのでご登録ください!

ここをクリック

開けない方はこちらから

@qpr7090a  ←@忘れずに

ご予約・お問い合わせ|完全予約制

  • ネット予約
  • LINE特典

営業時間